Postfixで、loops back to myself

サーバーをいじってると、何故かPostfixがアンインストールされた。
検証をするのも面倒なので、再度インストール。

$ sudo yum -y install postfix

設定ファイルは自動的にバックアップされていたので、書き戻す。

$ sudo cp /etc/postfix/main.cf /etc/postfix/main.cf.original$ sudo cp /etc/postfix/main.cf.rpmsave /etc/postfix/main.cf

$ sudo cp /etc/postfix/master.cf /etc/postfix/master.cf.original$ sudo cp /etc/postfix/master.cf.rpmsave /etc/postfix/master.cf

Sendmailが動作していたので、止める。

$ sudo service sendmail stop

$ sudo chkconfig sendmail off 

$ sudo alternatives –config mta
2 プログラムがあり ‘mta’ を提供します。
  選択       コマンド———————————————–*+ 1           /usr/sbin/sendmail.sendmail   2           /usr/sbin/sendmail.postfix
Enter を押して現在の選択 [+] を保持するか、選択番号を入力します:2

$ sudo service postfix start

$ sudo chkconfig postfix on

で、自サーバー内の宛先にテストメールを送ってみる。

$ mail admin@example.com
Subject: Test Mail
This is a Test mail.
.
EOT

と、エラーメールが返ってくる。
え???

: mail for example.com loops back to myself

サーバーで処理して配信されたメールが帰ってきてる?
@example.com宛のメールが自分宛てと判断されない?
設定確認。

$ sudo vi /etc/postfix/main.cf

myhostname = mail.example.com
mydomain = mail.example.com
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain
あれ?これ、@example.com宛がmydestinationに入ってないよね。
mydomainがホスト名になってるよね。

mydomain = example.com
これでOK!

にしても、どうしてアンインストールされた??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です