Mi Band Pulse を7ヶ月使ってみた結果

ライフトラッキングツールという、生活を監視してくれる腕輪。
流行っている物には手を出したい方なので、今年2月に、早速海外から取り寄せてみた。
9月現在、7ヶ月間昼夜問わず装着し、そろそろ飽きてきたので、まとめを書いてみる。

最初に結論を書くと、
「数ヶ月使って生活を見直す価値は有る。」

それでは、細かくご紹介。

購入したのはXiaomi(シャオミ)のMibandという商品。
「Mi Band Pulse」という、心拍数が測れるバージョン。
よくわからないが、1Sとか表記されることもある。
現在のAmazonでのお値段は、2,000円ちょっと。
購入した時と比べると半額ぐらいになっており、アーリーアダプタの次の段階に移っているようだ。

心拍数が測れないバージョン「Mi Band」は、それよりちょっと安い。
ほんのちょっとなので、これを買う必然性は皆無。

時刻などの表示が可能なバージョン「Mi Band 2」は、倍くらいの値段。

さて、購入して届いた品は、小綺麗な箱1つ。
開けてみると、細長いセンサー部分が現れる。

蓋の裏にはスポンジが張り付いており、傷防止の気づかいがうれしい。
一枚厚紙をめくると、センサーの裏が見え、バンド、説明書が現れる。
そして、手前に仕切られた部分には、専用のUSB充電ケーブルが入っている。

取り出して、バンドの穴に、センサーをハメ込む。
最初は丁寧に緊張しながら入れていたが、何回も入れているうちに慣れてくる。
ちょうどええ締め付け具合で、通常、自然に外れることはまず考えられない。

バンドは、穴にリベットをはめ込んで固定する。
長さは、5cmの調整が効き、手首の周囲長14cm〜20cmくらいが許容範囲か。
心拍計を使うので、ちょっとキツめが良いので14cmだと微妙。
手首周り15cmくらいの私が付けた写真が、こちら。バンドの穴2つ目で、ギリギリ。
G-SHOCKよりbabyGが似合う感じの手首なので、男性にはあんまり参考にならないかも。

ちょっと息切れ。後日ちょこちょこ更新予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です