Google Developersにて(4)

インストールが終わって、フォルダ構成を調べてみる。

「app」開発用フォルダ
index.html, basic.htmlなどが入っており、開発を行う場所。
編集しながら次のURLで確認。
http://localhost:3000/
「dist」発行用フォルダ

gulp serve:distによって処理された最終的なソースが入る場所。
次のURLで最終的な確認。
http://localhost:3001/
(???ポート3001?あれ?どこから?と思ったら、ポートが使用中の場合、自動で次のポートが使用されるらしい。)

じゃ、PHPには対応できるの?
とりあえず、MAMPをインストール。
MAMPはApache, MySQL, PHPなどの環境が一気にインストールできるっていう代物。
次のサイトからダウンロードしましょう。
https://www.mamp.info/
有料のMAMP PROもデフォルトだと一緒に入るけど、インストール時にカスタマイズでチェックを外せば入らない。入れてしまってもUninstallerが付いてるからすかさずアンストールする。
以下のURLでPHPを使ったサイトが閲覧可能になる。
http://localhost:8888/
MAMPのApacheのルートフォルダをappフォルダやdistフォルダにすれば良いのか?
なんか違う気がするな。モヤっと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です