DTIサーバー構築2 「連絡は指示した方法で」

まずは、初期化されたばかりのサーバーに接続してみる。

初期状態だと、WEBブラウザからも以下のURLでサーバーに接続が可能。
https://[VPSのIPアドレス]/airdisplay/

AirDisplay@VPS
AirDisplay@VPS

でも、普通、WindowsならPuTTY

PuTTY設定
PuTTY設定

「ホスト名(またはIPアドレス)」には、契約したサーバーの[IPアドレス]、
「ポート」には、”3843″(色々騒がせたらしいが、標準でこのポート番号)を入れて「開く」。

警告 - 潜在的なセキュリティ侵害!
警告 – 潜在的なセキュリティ侵害!

証明書関係の警告が出るが、「はい」をクリック。
ユーザー名”root”と、”初期パスワード”で、ログインができるはず。
できないときは、ServersMan@VPS サーバーへSSH接続できない場合を見てみる?

もしMacならTerminalを起動して。

$ ssh -l root [VPSのIPアドレス] -p 3843
の後に、パスワードを入力すればOK。
-l [ユーザー名]
-p [ポート番号]
という事。

もし、以下のような警告が出た場合、

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@       WARNING: POSSIBLE DNS SPOOFING DETECTED!          @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
こちらの場合も、

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@    WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!     @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
保存されている証明書が変更されているという事。
安全かどうかは保証できませんが、次のようにファイルを消すと解消されます。

$ rm .ssh/known_hosts
さて、まだまだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です