TREK 8.4DS その4

DSが、なぜDual Sportなのかという最大の理由が、このサスペンションにあるのではないかと。
写真は前から見た状態。
向かって左手(乗った状態だと右手)には、サスペンションを殺すためのレバーが付いている。
オンロードや登坂では殺し、オフロードでは有効にできる。
1ランク上の8.5DSでは、手元のレバーで操作できるようだが、そこまでの必要はあまりないかと。
向かって右手(乗った状態だと左)のレバー(ダイヤル)は、プリロード。
バネを初期状態でどれだけ縮めておくかという調整。バイクのサスとか色々調整しているはずの私だが、あんまり分からない。
土手を下るときに、サスを生かしたり殺したりして比べたが、当然の事ながらサスが効くと振動も抑えられ、ハンドリングもしやすい。膝のサスを効かさなくてもある程度は衝撃を逃してくれるので、安心感がある。
重くなるという欠点はあるが、オフロードでは必須ということが頷ける。

「TREK 8.4DS その4」への4件のフィードバック

  1. 初めまして。
    サスペンションは衝撃吸収以外にもタイヤを地面に押し付ける役割がありますよ。
    以前ベテランのマウンテンバイク乗りの方に「サスは乗り心地を良くするためにあるんじゃないよ」っていわれ戸惑った事があります。
    オフロードの走行記事も読んでみたいです。機会があれば是非お願いします。

  2. コメントありがとうございます。
    なかなかオフロードを走る機会(元気?やる気?)が無いですが、砂利道の安心感は半端ないですね。
    ぼちぼち 更新していきます。

  3. はじめまして!!(*^^*)
    8.4DS購入しました!!
    しかし初期不良なのかサスを
    オンオフするロックアウトの青いキャップがとれてしまいました…

    管理人さんはどうですか?(;_;)

  4. それは、初期不良以外の何物でもないような、、、
    今度からは、恐る恐る触ってしまいそうです(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です