プログラミング歴30年目のAndroidアプリ作成(その1)Android Studioのインストール

まず、Androidアプリを作るために、
Android Studioのダウンロード。
因みに私の開発端末は、MacBook Airなので、OS X環境でのお話。

Android Studio と SDK Tools のダウンロード | Android Developers
http://developer.android.com/intl/ja/sdk/index.html

公式 Android IDE とデベロッパー ツールをダウンロードして、Android 版のモバイル端末、タブレット、ウェアラブル端末、TV などの端末向けのアプリをビルドする。

Android Studio と SDK Tools のダウンロード | Android Developers

現時点(2016年4月)では、Android Studio 2.0となっている。
ダウンロードしたdmgファイルを開く。

いつものように、アプリのアイコンをApplicationsフォルダにドラッグ&ドロップ。
dmgファイルを取り出して、削除。
LanchpadからAndroid Studioを起動。警告出るけど、開く。

以前のバージョンのAndroid Studioを使っていると、選択画面が現れる。

以前のバージョンの設定を引き継ぐ。
指定したフォルダから設定をインポートする。
引き継がずに、新たに作成する。

起動し始める。

既存のSDKがある時は、こんな表示がされる。

標準スタンダード?今回はカスタムしてみる。

エディタの色はお好みで。

とりあえず全部入れとく。

エミュレーションで使うメモリサイズを設定。

こんな感じでセットアップされる。

見ておく必要はない。

でも、こんな表示が出たらパスワードを入力。

で、何事もなけりゃ良いんだけど。

Create Android virtual device
Unable to create a virtual device: Missing system image required for an AVD setup
とりあえず後で対応しよう。

起動は出来た。

先ほどのエラーの対策は、右下の「Configure」-「SDK Manager」を開いて、

「Launch Standalone SDK Manager」をクリック!

「Install XX packages…」からインストールすればよいかと。

次は、いつものHelloなんとか。をやる予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。