Visual Studio 2005のデザイナ画面でのエラーが、HTMLのまんま表示されてしまう場合の対応方法

Visual Studio 2005のデザイナ画面でのエラーが、HTMLのまんま表示されてしまう場合
例えば、

<html><head><META HTTP-EQUIV=”Content-Type” CONTENT=”text/html; charset=UTF-8″><title></title><style>.ErrorStyle …
という感じ。

レジストリエディタで、以下のキーを新規作成する。
“HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREClasses.tmp”
“(既定)”のデータを”htmlfile”に変更。
文字列値”Content Type”を追加して、データを”text/html”に変更。
文字列値”
PerceivedType “を追加して、データを”text “に変更。


あぁ、これでちょっとは ストレスが減る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です