さくらのVPSでCentOS8 (9)

前回は、ソフトの更新を設定したね。

さて、今回は、ホスト名を変更するよ。
ってか、もっと早くしても良いよね。

ホスト名を変更するには次のファイルの内容を変更する。

# vi /etc/hostname

ただ、この方法だと再起動が必要だし、ファイルの場所が環境によって異なるので、hostnamectlコマンドを利用することが良いようだ。

まず、hostnamectlコマンドで現状の表示を行う。

[xxx@hostmei ~]$ hostnamectl
Static hostname: hosutomei.sakura.ne.jp
Icon name: computer-vm
Chassis: vm
Machine ID: 123456789abcdef0123456789abcdef0
Boot ID: 123456789abcdef0123456789abcdef0
Virtualization: kvm
Operating System: CentOS Linux 8 (Core)
CPE OS Name: cpe:/o:centos:centos:8
Kernel: Linux 4.18.0-193.6.3.el8_2.x86_64
Architecture: x86-64

set-hostnameを指定して、新しいホスト名を設定する。

[xxx@hostmei ~]$ sudo hostnamectl set-hostname newhost.your.domain

再度現状の表示を行うと、確かに変わっている。

[xxx@hostmei ~]$ hostnamectl
Static hostname: newhost.your.domain
Icon name: computer-vm
Chassis: vm
Machine ID: 123456789abcdef0123456789abcdef0
Boot ID: 123456789abcdef0123456789abcdef0
Virtualization: kvm
Operating System: CentOS Linux 8 (Core)
CPE OS Name: cpe:/o:centos:centos:8
Kernel: Linux 4.18.0-193.6.3.el8_2.x86_64
Architecture: x86-64

プロンプトのホスト名は変わっていないが、一旦ログアウトして、再ログインすると変更されている。

ちなみに、一時的に変更する場合は、hostnameコマンドで。

$ sudo hostname temphost.your.domain

でも、一時的に変更したい時って、どんな時?

さて、次回は言語設定の変更を行いたいと思います。

さくらインターネットのVPS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です