DTIサーバー構築26 「まだ信用してもらえないなんて」

信用されていない証明書を使っていると、不都合が起こる。
Google様に信用してもらえずに、Google AppsのメールでPOPしてもらえないのがその一例。
Dovecotで、サンプルの証明書をそのまま使っていると、

Unable to establish secure SSL connection
Unable to establish secure SSL connection

Unable to establish secure SSL connection to YOURDOMAIN.COM [ Help ]
Server returned error: “SSL error: self signed certificate”
と、怒られる。まあ、これは仕方ない。
設定を編集して、StartSSLで取得した証明書を使うように変更する。

$ sudo vi /etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf
と設定ファイルを開いて、次の部分を編集する。

#ssl_cert = </etc/pki/dovecot/certs/dovecot.pem
#ssl_key = </etc/pki/dovecot/private/dovecot.pem
ssl_cert = </etc/pki/tls/certs/domain.pem
ssl_key = </etc/pki/tls/private/domain.pem

あと、秘密鍵にパスワードがかかっているので、以下の部分にそのパスワードを入れる。

ssl_key_password = PASSWORD
保存して再起動すれば、もう怒られないはず、

$ sudo service dovecot start
だった。
だが、HTTPSで成功したStartSSLの証明書を使っていても、

Unable to establish secure SSL connection
Unable to establish secure SSL connection

Unable to establish secure SSL connection to YOURDOMAIN.COM [ Help ]
Server returned error: “SSL error: unable to verify the first certificate”
と、怒られる。
で、対処法は、自分の証明書にStartSSLの証明書をくっつける。
まず、
http://www.startssl.com/certs/ca-bundle.pem
からStartSSLの証明書をダウンロード。
適当なフォルダにファイルをアップロード。
面倒なら、エディタでペースト。

$ sudo vi ca-bundle.pem
その後に、自分の証明書と、StartSSLの証明書をくっつける。

$ sudo cat /etc/pki/tls/certs/domain.pem ca-bundle.pem > domain.bundled.pem
続いて設定ファイルの編集。

$ sudo vi /etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf

次の部分を少し変える。

#ssl_cert = </etc/pki/dovecot/certs/dovecot.pem
#ssl_key = </etc/pki/dovecot/private/dovecot.pem
#ssl_cert = </etc/pki/tls/certs/domain.pem
ssl_cert = </etc/pki/tls/certs/domain.bundled.pem
ssl_key = </etc/pki/tls/private/domain.pem

以上で、再起動後はGoogleさんも認めてくれるはず。

$ sudo service dovecot start
これでもダメなら、、、わかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です