Googleから警告が来たぞ〜

まあ、AdSenseのコンテンツポリシーを理解していなかったからなんですが。
警告メールによりますと、「違反の詳細」としては、

Google では、過度にデリケート、悲劇的なコンテンツを掲載しているサイトの収益化は許可しておりません。これには不幸な事故、自殺、自然災害、わいせつ事件の他、個人、集団、組織を誹謗中傷するコンテンツも含まれます。Google は表現の自由を強く信じ、ウェブ全体にわたって検閲を伴わない幅広いアクセスを提供していますが、こういったコンテンツを含むサイトで表示するコンテンツ ターゲット広告によって、好ましいユーザー エクスペリエンスを提供できるかどうか、独自の裁量に基づき審査、判断する権限を有しています。 
という事らしい。
該当するというページを見てみると、確かに「日航機墜落」を題材にした書籍が一覧されていた。
日航機墜落の事故原因解明に関する書籍を読んでいた時期に作ったページだ。
とりあえず、長い物には巻かれる人間なので、ページは削除済み。

詳しくは Google のプログラム ポリシーをご覧ください。

とあるので、「コンテンツ ガイドライン」を読んでみる。

サイト運営者様は、コンテンツ ガイドラインに違反するコンテンツを含むページに AdSense コードを配置することはできません。これには、成人向け、暴力的、人種差別的なコンテンツなどが含まれます。

次のようなコンテンツを掲載するサイトや、そうしたコンテンツへのリンクがあるサイトに Google 広告を表示することはできません。

ポルノ、アダルト向け、成人向けのコンテンツ
暴力的なコンテンツ
人種差別または個人、団体、組織の中傷に関するコンテンツ
不適切な表現
ハッキングやクラッキングに関するコンテンツ
違法な薬物や麻薬関連の器具に関するコンテンツ
ビールやハードリカーの販売
タバコやタバコ関連商品の販売
処方箋医薬品の販売
武器や弾薬(銃火器、銃火器の部品、刀剣、スタンガンなど)の販売
ブランド品やその他の商品の偽造品、模倣品の販売
講義内容や論文の販売や配布
報酬を提供して、広告や商品のクリック、検索、ウェブサイトの閲覧、メールの購読をユーザーに促すプログラムに関連するコンテンツ
その他の違法なコンテンツ、不正行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害するコンテンツ

ん?どれに該当するのだ?
「児童オンライン プライバシー保護法(COPPA)」の方なのか?
謎のままだが、まあ、削除したし、あまり深く考えないでおこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です