AWSの認証対策(SOAP) その後

よし!」っと、言ったものの、次のようなエラーが出ていたことに気づく。

XXXXXXXXXX is not a valid value for ItemId. Please change this value and retry your request.
何ですかね?
ItemIdとなるASINは確かに存在するんだが。。。

答え↓
「          」

いえ、何も書いてません。
答えは、「リクエストを送る場所が違っていた。」です。

AWSECommerceService.wsdl内には、国毎に違うAWSECommerceServicePortが書いてあり、日本のAmazonは「https://webservices.amazon.co.jp/onca/soap?Service=AWSECommerceService」

ということで、次のコードをこの前のコードに追加して事なきを得た。

// 定数定義
 :
define( ‘URL_ENDPOINT’, ‘https://webservices.amazon.co.jp/onca/soap?Service=AWSECommerceService’ ); // EndPoint
 :
$this->client->__setLocation(URL_ENDPOINT);
// 実行
 :
これでしばらく放置できるな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。