DTIサーバー構築6 「もうそろそろ日本語で」

日本人で日本語が堪能なので、サーバーにも日本語を話してもらう。

#vi /etc/sysconfig/i18n

と、使いづらいviで、システム設定ファイルを編集。 

LANG=”en_US.UTF-8″
SYSFONT=”latarcyrheb-sun16″

を、

LANG=”ja_JP.UTF-8″
SYSFONT=”latarcyrheb-sun16″

に変更。
元は、

# ls -l /etc/sysconfig/
total 96
drwxr-xr-x 2 root root 4096 Aug  7  2012 cbq
 :
更新後、ログインしなおすと、

# ls -l /etc/sysconfig/
?荐 96
drwxr-xr-x 2 root root 4096  8?  7 16:50 2012 cbq
 :
PuTTYの設定忘れてた。。。


設定の[ウィンドウ]-[変換]-[文字コードの設定]を
“UTF-8/Auto-Detect Japanese”
に変更。

# ls -l /etc/sysconfig/
合計 96
drwxr-xr-x 2 root root 4096  8月  7 16:50 2012 cbq
 :

おっけ~!
しかし、この日時の表示、どこかにフォーマットの設定があるのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です