さくらのVPSでCentOS8 (12) Webサーバ構築

前回は、rootユーザのセキュリティを強化しました。

今回は、Webサーバの構築を始めていきたい。

有名所では、昔からあるApacheと、最近の主流となっているNginxがある。昔からの人間として、今回はApacheを導入することにする。

まずは、dnfを使ってApacheモジュールをインストール。

# dnf install httpd

インストールできたら、自動起動するように設定。同時に起動!

# systemctl enable --now httpd

--now“が即時起動のオプション。

次にファイヤウォールの設定。
これをしないとアクセスが拒否される。

# firewall-cmd --permanent --add-service=http
# firewall-cmd --reload

http“を追加する。と、Port80が開く。

では、Webブラウザでアクセスして確認してみよう。

http://[ホスト名].sakura.ne.jp/

もしくは

http://[IPアドレス]/

あとは、/var/www/html/上にファイルを追加して見ましょう。

# vi /var/www/html/index.html

で、超簡単に次の文字列だけのファイルを作ってみる。

Hello world !!

で、先程のページを再度表示する。

よし!OK!

あとはファイルをいっぱい作ればいいだけだ。

さて次回はHTTPSに対応するために、証明書を取得する。

さくらインターネットのVPS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です