TREK 8.4DS その16

TREK 8.4DSには、スタンドがない。
というか、スポーツ車は基本的にスタンドがない。
最近の8.4DSには、サイドスタンド用のネジ穴が付いており、Bontrager製のスタンドが付けられるようだが、私のにはない!
ならばスタンドをつけよう。
どうせならセンタースタンドのほうが安定している。
しかし、気をつけよう!
センターポストと後輪の間に取り付けるタイプだと、フロントディレイラーのケーブルが邪魔をしたりする。
幸い8.4DSのケーブルは、上から通っているため、セーフ。
一般的にスポーツ車で取り付けられる可能性は低い。

で、一か八か購入して届いたスタンドがこちら。

自転車のサイズにより、スタンドの長さが調整できるよう、サイズが刻印されている。
短くする時は鉄ノコでゴリゴリとやるとのこと。

まずは届いたスタンドの取り付け部分を確認。
ボルトの長さを考えると、挟み込む部分の高さは2cmちょいが限界。

8.4DSの取り付け部分の高さは約3.5cm。足りない。
なので、ホームセンターにボルトを買いに行く。
太さはM10がちょうどか?と思いきや、インチネジの3/8(3分ネジ)みたいだ。
元のボルトにはNHと刻印がある。
N : National
H : House coupling
???
長さ75mmを購入。
実際に取り付けてみると、4cmまでは大丈夫。

ということで、取り付ける。
フレームに当たる部分には、チューブを切って作ったゴムのシートをかましている。
締め付けていくに連れて、フロントポストにネジが近づき、最終的には防犯登録のシールを軽く削った状態で取り付け完了。
ギリギリである。

たたんだ状態。
縁石に当たることはないだろう。

センタースタンドの宿命だが、スタンドを立てた状態だと、ペダルが干渉して回らない。
これは仕方ないと、割り切る。

上からスタンドで立てている状態。

たたんだ状態。フレームにほとんど隠れて見えない。

スタンドを切らなくても、ギリ自立するようだ。
ただし、ハンドルを右に切った状態だと、倒れてしまう。
止める時は右に支えが有る方が安心だ。

因みにこの写真の状態で、総重量が15kg。重いぞこのやろう!

Good luck!!

TREK 8.4DS その15

リムを光らせよう
TREK 8.4DSのタイヤには、リムの部分にBontragerのステッカーが貼ってある。

ディスクブレーキのため、リムの側面が擦れることがない。
よって側面全面に装飾が可能だ。

既存のステッカーが剥がれてきたので、反射ステッカーを貼ってみよう。
まず、剥がれてきたステッカーを剥がす。
粘着剤が残るので、シンナーを吸いながら作業を行う。

綺麗になったら、新しいステッカーを貼る。
100円均一で反射ステッカーを入手。

 商品の説明写真では1周光っているが、面倒なので、片面3枚位で良いだろう。
買ってきたステッカーの不要な端の部分を貼り付けて、位置を確認。

 貼付け後、カーブがリムと微妙に異なるが、許容範囲内でしょう。

 片面3枚貼付け後。趣味が悪いとか思わない!

で、前後両輪、両面、3枚づつ、地道な作業を終わらせる。
フラッシュ撮影で光ることを確認。

まあまあ、こんなものか。

TREK 8.4DS その14

ディスクブレーキのパッド掃除
以前、ブレーキの鳴きを止めるために、オイルを塗ってみた。
だが、予想以上に制動力が失われ、ディスクブレーキにもかかわらず握力を駆使する結果になってしまった。

今回はヘキサレンチがあるので、パッドを外して掃除してみる。

ボルトを外してパッドを押し出す。

すると、こういう感じで、板バネと2枚のパッドがセットで出てくる。

 開くとこんな感じ。

 何だかんだがくっついているんだろう。
紙やすりで磨いて、水洗いしてみると、次のようになる。

なんだか黒い部分があるが、これはこういうもんなんだろうか。削っても奥まで同じようなものだった。

結果、ブレーキは鳴らなくなった。
今のところ。