Google Appsのメールと、Postmaster Toolsと、Value Domainと、DNSと、txtと、SPFと、私

Google の Postmaster Tools
https://postmaster.google.com/

Google appsで独自ドメインのメールを使用している場合、サブドメイン無しをcnameエイリアスで転送していると、認証がうまく行かなかった。
以下の例は、Value-Domainでのお話。

a sv 999.999.999.999
cname @ sv
cname * sv
cname start ghs.google.com.
cname mail ghs.google.com.
cname docs ghs.google.com.
cname calendar ghs.google.com.
cname google ghs.google.com.
cname blog ghs.google.com.
cname sites ghs.google.com.
mx aspmx.l.google.com. 1 @
mx alt1.aspmx.l.google.com. 5 @
mx alt2.aspmx.l.google.com. 5 @
mx aspmx2.googlemail.com. 10 @
mx aspmx3.googlemail.com. 10 @
mx aspmx4.googlemail.com. 10 @
mx aspmx5.googlemail.com. 10 @
txt @ google-site-verification=ABCABC〜〜〜〜XYZXYZ-md4

と、@にtxtを付加したが、

$ nslookup -type=TXT example.com
としても、返ってこない。
認証も、次のメッセージが出て失敗。

Your verification DNS TXT record was not found. You might need to wait a few minutes before Google sees your changes to the TXT records.
で、

txt sv google-site-verification=ABCABC〜〜〜〜XYZXYZ-md4

と、転送先に変更すれば解決した。
DNSややこい。。。
SPAM対策のSPFも同様に、

txt sv v=spf1 +a:sv.example.com include:_spf.googlemail.com ~all

として解決?
以下が、nslookupの返答の一部

$ nslookup -type=TXT example.com

example.com canonical name = sv.example.com.
sv.example.com text = “v=spf1 +a:sv.example.com include:_spf.googlemail.com ~all”sv.example.com text = “google-site-verification=ABCABC〜〜〜〜XYZXYZ-md4”
 と、思ったら、実際は、cnameでの認証を追加していたため、そちらで認証が通っていた模様。と思ったけど、ログ見たら、TXTでも認証成功していた。
因みに、cnameだとgoogleが指定する情報を次のように記載する。
最後のピリオドを忘れずに!

cname ABCABC gv-XYZXYZ.dv.googlehosted.com.