lenovo Thinkpad E220s 50385MJ に WindowsXPを クリーンインストール

今日も下書きを掘り返して公開。
役に立つのかは不明。

ハードディスクをClonezillaでバックアップ

http://download.lenovo.com/ibmdl/pub/pc/pccbbs/mobiles_pdf/e220s_ug_ja.pdfのWindowsXPのインストール(P.101)を参考にする。

電源ON後すぐに[Enter]キーを押す。
[F1]キーを押す。
[Config]タブの[Serial ATA (SATA)]を選択。
[AHCI]を選択。
[Esc]キーで戻って、[Startup]タブを選択。
[UEFI/Legacy Boot]を選択。
[Both]を選択。
[Fn]+[F10]キーで保存終了。
[Yes]を選択。

Service Pack 2 適用済みの Windows XP の CDをドライブに入れ、接続して再起動。

「Press any key to boot from CD…」が表示されたら、[Enter]キーを押す。
[s]キーを押す。

Java (1)

昔の下書きが残っていたので、公開。
Javaを勉強しようとまとめてたみたい。


予約語

abstract,
continue,
goto,
package,
synchronized,
this,
private,
if,
default,
assert,
throw,
protected,
implements,
do,
boolean,
throws,
public,
import,
double,
break,
transient,
return,
instanceof,
else,
byte,
try,
short,
int,
extends,
case,
void,
static,
interface,
final,
catch,
volatile,
strictfp,
long,
finally,
char,
while,
super,
native,
float,
class,
const,
for,
new,
switch

変数

int型は、常に32bit。
boolean型は、trueとfalseのみ。(1,0ではない。)
オブジェクト型も存在する。 intは、Integer、
longは、Long、
booleanは、Boolean、

long l = 123L;
Long obj = new Long(123);
long i = numberObject.longValue();
boolean b = true;
配列

int i = 10;
int[] arr = new int[i];
arr[0] = 123;
arr[i] = 987; // java.lang.ArrayIndexOutOfBoundsException
配列数は定数の必要なし

文字列


‘+’で接続可能。
String str1 = “ABC”;
String str2 = “def”;
String str = str1 + ” : ” + str2;

if, whileの判定部は必ずboolean型
三項演算も有る。

int a = (i==123)?456:789
System.out.println( j ); // 一行ずつ
System.out.print( j ); // 続けて

DTIサーバー構築34 「新しい場所で再出発!」

MySQLのバックアップとリストアでデータベースを移行しよう。

だが!
バックアップ元のシステムの文字コードがlatin1、データベースがUTF-8となっていて、

バックアップ先のシステムとデータベースがUTF-8の時、
文字化けが発生するので、いろいろ大変。
具体的には、

$ mysql -u myswluser -p

バックアップ元の文字コード

mysql> show variables like ‘collation%’;
+———————-+——————-+
| Variable_name        | Value             |
+———————-+——————-+
| collation_connection | latin1_swedish_ci |
| collation_database   | latin1_swedish_ci |
| collation_server     | latin1_swedish_ci |
+———————-+——————-+
3 rows in set (0.00 sec)
mysql> SHOW VARIABLES LIKE ‘char%’;
+————————–+—————————-+
| Variable_name            | Value                      |
+————————–+—————————-+
| character_set_client     | latin1                     |
| character_set_connection | latin1                     |
| character_set_database   | utf8                      |
| character_set_filesystem | binary                     |
| character_set_results    | latin1                     |
| character_set_server     | latin1                     |
| character_set_system     | utf8                       |
| character_sets_dir       | /usr/share/mysql/charsets/ |
+————————–+—————————-+
8 rows in set (0.00 sec)

バックアップ先の文字コード

mysql> show variables like ‘collation%’;
+———————-+—————–+
| Variable_name        | Value           |
+———————-+—————–+
| collation_connection | utf8_general_ci |
| collation_database   | utf8_general_ci |
| collation_server     | utf8_general_ci |
+———————-+—————–+
3 rows in set (0.00 sec)
mysql> SHOW VARIABLES LIKE ‘char%’;+————————–+—————————-+| Variable_name            | Value                      |+————————–+—————————-+| character_set_client     | utf8                       || character_set_connection | utf8                       || character_set_database   | utf8                       || character_set_filesystem | binary                     || character_set_results    | utf8                       || character_set_server     | utf8                       || character_set_system     | utf8                       || character_sets_dir       | /usr/share/mysql/charsets/ |+————————–+—————————-+8 rows in set (0.00 sec)

まず、mysqldumpで文字コードにlatin1を指定する。

$ sudo mysqldump -u username -p –default-character-set=latin1 dbname > dump.sql
 ファイル中のlatin1の部分をutf8に置換。

$ sed -i -e ‘s/SET NAMES latin1/SET NAMES utf8/g’ dump.sql

リストア先で

$ mysql -u mysqluser -p dbname < dump.sql

★DTIサーバー構築一覧はこちら★

DTIサーバー構築33 「優しく。優しく。」

SSHでガシガシやるのもいいけど、webminでお気楽にやるのもいいよね。
と、なんか最近、webminのインストール方法を書いた気もするが。

DTIサーバーの方は、Cent6だし、Cent7と違うかな。
と、思ったけど、一緒だった。

というわけで、以下のページを参考に、インストールしてみた。

自宅サーバ更新!(9)webmin

はい。終了。
★DTIサーバー構築一覧はこちら★