おおどしのきゃく

おおどしのきゃく
という本がある。
この方言だらけで書かれた本は、息子が大好きな本である。
「おおどし」とは「大晦日」の事。
その大晦日の大雪の日に、お坊さんが訪ねてくるという話だ。
そして今日は大晦日。
多分明日は、布団の中の財宝が私を驚かせてくれるでしょう。
おやすみなさい。
そして、来年が皆様にとって更に良い年でありますように。