MacBook AirのSSDは、問題ありだった模様

MacBook AirのSSDが逝ってしまって、修理から帰ってきて結構な時間が過ぎますが、どうも、この故障はなるべくしてなったようです。
Apple、先代「MacBook Air」のSSD交換プログラムを開始」とITmediaニュースが言っているように、SSDのファームウェアの更新時にSSDの交換が必要かどうかが分かるらしいです。
ちなみに、修理で既にSSDを交換された我がMacBook Airは、交換の必要がないのか、ファームウェアの更新作業のみで終わりました。

App Storeのアップデートでフラッシュストレージのファームウェア アップデートが必要だと表示される。

App Storeアップデート

 もっと見てみる。

MacBook Air フラッシュストレージ ファームウェア アップデート 1.1

 アップデートボタンを押すと、警告が。

壊れるかも!

 再起動!

再起動?

 っで、再起動するのを待つ。1分、2分、3分、、、1時間、2時間、、、1日、2日、、、再起動のはずが、結局電源が入らなかったので、電源ボタンを押す。

完了

アップデートされたらしい。

隅々までソフトのバグが潜んでいるこの時代、次はあなたの身に災難が!!!